• TOPICS トピックス
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

大会の歴史

大会の歴史
過去の大会情報はこちらから

第34回大会 2017年9月16日(土)~9月24日(日)

第33回大会パンフレット
会場 有明コロシアム及び有明テニスの森公園コート
賞金総額 US$ 1,000,000
優勝者 シングルス キャロライン・ウォズニアッキ
  ダブルス アンドレヤ・クレパーチ/マリアホセ・マルティネスサンチェス 組

ウォズニアッキが2年連続3度目の優勝!
「東京では、いつもいいプレーができて気分がいい」

キャロライン・ウォズニアッキ

ディフェンディング・チャンピオンのキャロライン・ウォズニアッキが、アナスタシア・パブリュチェンコワを破って、大会2連覇、東レPPO3度目の優勝を果たしました。

ウォズニアッキは試合開始からサービス、そしてリターンから攻め、すばらしい集中力でポイントを重ねて、第1セットを6-0。第2セットはパブリュチェンコワも、持ち味である高い打点からのショットで攻め、終盤まで互いにサービスキープの接戦となりましたが、最後はウォズニアッキがパブリュチェンコワのサービスをブレークし、7-5として勝利を決めました。「いつも東京ではいい気分でプレーができる。コートサーフェスもボールも自分に合っている」と大会期間中に何度も口にしたのは、決してリップサービスだけではないでしょう。

今年に限ってはツアーでは6度決勝に進んでいるものの、まだタイトルを手にしていなかったウォズニアッキですが、相性のいい有明のセンターコートで、うれしいタイトル獲得。「最高の気分。今日は集中を欠くことなく、アグレッシブに、ポジティブにプレーし続けられた」と笑顔で優勝プレートを掲げました

シングルス

シングルス優勝
シングルス トーナメント表

ダブルス

ダブルス優勝
ダブルス トーナメント表
  • 表彰式

    表彰式

  • 2017年優勝 キャロライン・ウォズニアッキ選手

    2017年優勝
    キャロライン・ウォズニアッキ選手

  • 2017年準優勝 アナスタシア・パブリュチェンコワ選手

    2017年準優勝
    アナスタシア・パブリュチェンコワ選手

  • エキシビションマッチ(車いすテニス) 森上亜希子さん、田中愛美選手、大谷桃子選手、小畑沙織さん

    エキシビションマッチ
    (車いすテニス)
    森上亜希子さん、田中愛美選手、
    大谷桃子選手、小畑沙織さん

  • キッズテニス 出場選手がゲストコーチ

    キッズテニス
    出場選手がゲストコーチ

  • 浴衣で羽子板 アビゲイル・スピアーズ選手、アリシア・ロソルスカ選手、二宮真琴選手

    浴衣で羽子板
    アビゲイル・スピアーズ選手、
    アリシア・ロソルスカ選手、
    二宮真琴選手

ページTOPへ