• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • ライブスコア
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

大坂なおみ選手

2019年9月18日(水)

シングルス 2回戦

センターコート 第4試合 Not Before 5:00pm 1 2 3
●大坂 なおみ(JPN)
7 6  
[Q]ビクトリヤ・トモバ(BUL)
5 3  

お疲れ様でした。今日久しぶりの大阪市での試合を終えて、勝った気持ちを教えてください。

今日はとても勝ちたいという気持ちが強かったので、その分非常に緊張していましたが、勝利をおさめられた後は、非常に安心してほっとしました。また自分のパワー面でも良いプレーができたのでそこは良かったと思います。


緊張していたという話がありましたが、立ち上がりのビハインドは、それが影響したのでしょうか?それとも、ここはサーフェスが遅いとみなさん話されていますが、その影響や相手のプレーにアジャストするのに時間がかかったのか、どういう要因がありますか?

最初ビハインドになったところは、自分がスロースターターと分かっていたので、まあこんなものかなと思っていました。ただ第2セットの最初のゲームでは、デシジョン、どういうふうにしようかという部分が、まだあまり良くなかったかなと振り返ったところです。ただ、それでも私はパワープレーヤーであり、この試合の主導権を握るのは私だというふうに強く思っていたので、その気持ちが自分らしさを出すために、落ち着かせてくれた部分だと思っています。


今日の試合を勝つ以外に、何か試合中に試そうとしたこと、新たにトライしたことはありますか?

今日、自分としては、もう少しフォアを打っていきたいというところがありましたが、相手が自分のバックサイドに打ってきたこともあるので、自分としてはバックハンドのダウンザラインを狙おうとは思わなかったので、そこは思いの外という形になってしまいました。それでも自分としては十分にやりたいことはできたと思います。


ジェンキンスコーチを替えた理由は?結果のことを考えると正しい決断だったかと思いますが、シーズン中ということを考えるとリスクがあると思いますが、残りのシーズンをどのように考えていますか?

そういったリスクは常に生まれるものだと思いますし、現時点では私は「何かリセットしたい」というところがありました。だから今回の決断をしました。そして父はもともと私のコーチだったので、自分としては原点に返るとまでは言わないまでも、いくつかのステップを戻っていくことによって、さらにそこから新たに積み上げていこうと考えていました。とても良い環境にいられていると思いますし、これからもいくつか学んでいきたい点もあります。父はあまり多くを語ってくれる人ではないですが、学ぶとしたら、自分から見出していかなければいけないかなと今思っています。


今日の試合でトライする中で、課題や次の試合に向けての修正はありますか?

今日の試合を振り返ってみて、次の試合また更に次の段階に向けてということにはなりますが、間違いなく私が良くしていかなくてはならない部分は、「ファーストサーブの成功率」だと思っています。今日はあまり良くなかったので、実際にシンシナティの頃から良くない状態が続いているので、しっかりと修正したいと思っています。


ホームで試合をすることは、アドバンテージもある代わりにプレッシャーやマイナスな面もあると思いますが、この数日間を過ごしてみてどう感じていますか?

こういったところでプレッシャーがないことはないですし、ただそのプレッシャーがあるとしたら、「自分がどの町にいるからというわけではなくて、自分の位置づけがどんなところにあるか」からく来ると思うので、滞在している町は全く関係ないと思っています。


お父さんをコーチにしたことで「原点に返る」という話がありましたが、これまでのコーチと比べて、お父さんをコーチにすることで、自分にとってのどんなプラス要素を期待されていますか?

父は小さいころから一緒にいてくれている人ですし、私がテニス選手として、人間として成長していく姿を見てきた人なので、自分のテニスを一番よく知ってくれている人だと思っています。とてもシンプルに私にいろいろ伝えてくれるところもありますし、なによりも自分にとっては最愛の人なので、そこは私にとっては一番の利点だと考えています。


今日の試合中の観客の声援や拍手、会場の雰囲気で感じたことはありますか?フラッシュの撮影が何回かアナウンスで注意がありましたが、フラッシュが気になったりしましたか?

観客のみなさんは、いつも私に対してリスペクトをもって接してくれているので、非常に嬉しいと感じています。そのリスペクトは、どの選手に対してもみせてくれています。私の対戦相手が良いプレーをすれば拍手をしてくれますし、もちろん私の良いプレーには拍手で、ミスには「う~」と言ってくれることもあります。そこは私が楽しんでいるところです。フラッシュに関しては、去年よりずっと良いかなと思っています。もしかしたら去年の会場がインドアだったせいか、だいぶフラッシュがたかれていた気がしますが、今日は気になることはありませんでした。


先ほどプレッシャーは「どこにいるかではなくて、自分のポジションで感じる」と話していましたが、いま大坂選手が感じるプレッシャーは、最近のランキングなのか成績なのか、どういった部分がプレッシャーを感じるポジション何でしょうか?

自分はもう世界1位ではないですし、もちろんこの大会のディフェンディングチャンピオンでもありません。なので、自分としてはどうしても勝ちたいという気持ちがありますし、ここ「大阪で大坂が勝つ」というのは良いことなのかもしれませんし、勝たなければ良くないかと思います。全豪OP以降、自分はいろんな環境に立たされていると思っていますし、それぞれでアジャストしてきたと思っています。その後のヨーロッパ遠征で調子を落として、北米でのハードコートで調子を上げてきましたけど、最後ニューヨークではプレッシャーを感じていた自分もいました。すべて振り返ると、いろいろアジャストしてきている自分も見えているので、それができてきているようになってきていると感じています。


以上
ページTOPへ