• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • ライブスコア
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

ポストマッチインタビュー

青山 修子選手/柴原 瑛菜選手

2019年9月19日(木)

ダブルス準々決勝

No,1コート 第4試合   1 2 3
●土居 美咲(JPN)
●日比野 菜緒(JPN)
6 6  
青山 修子(JPN)
柴原 瑛菜(JPN)
4 3  

お疲れ様です。向こうは広島も優勝して勢いに乗っている、でもダブルスは専門ではない二人で、今日は向こうの何に、勢いなのかストローク力なのか、どういうところにやられたのかな、という印象ですか?

【青山】そうですね。やっぱり二人ともストロークが凄く良いとは分かってので、その中でどうやって相手を崩していけるのかというのは大事かなと思っていたんですけど、う~ん。最初のブレイクチャンスがきたときに、しっかりセオリー通りにというか、プレッシャーを与えることができなくて、ブレイクできなかったのが流れを少し戻してしまったというか、こちらに勢いが付きそうだったのを止めてしまったので、そこから相手もストロークがどんどん良くなってましたし、、土居選手は、シングルスも勝っていてすごく調子良かったですし、日比野選手もすごく「ストロークで何とかやってやる」という気迫をすごく感じていたので、そこがもうちょっと跳ね返せなかったかな、というのが私の印象です。

【柴原】私は、ラリーになったときに、ちょっと押されてたかなという感じで、東レの後ろも前もよくて、ちょっと動いていないので、それでちょっとリズムが崩れた感じだったんですけど、まあ最後の最後まで頑張っていたんですけど、相手がすごく良いプレーで、あんまりミスもなかったし、まぁそんな感じで・・・


青山さんにお聞きします。前衛のポーチとか前衛の動きとかだいぶ封じ込められたかなというふうに見えたんですけど、その辺は青山さんがちょっとプレッシャーを受けたというか、なかなか思う通りにいかず、ちょっとフラストレーションとかありましたか?

【青山】出だしは結構前で触れてたかなと思っているんですけど、やっぱり途中から土居選手の鋭い球に対して、ポーチにいくのであれば、「ある程度リスクを背負って早く動かないといけない」という気持ちと、「でもちょっと早く動きすぎたら~やられてしてしまうかな」というところで、、そこはもう少し積極的な選択をしていかなければいけなかったかなと思います。日比野選手に対しては、そうですね先に早く動かなきゃいないといけなかったかな、と思うんですけど、しっかり構えて、しっかり打ってきていたので、はい、少し出づらかったかなと、はい、印象です。


柴原さん今回日本ツアー2大会、2週連続で出て、パートナーはそれぞれ違いますけれども、おそらく日本のファンとか、関係者に色々と自分をアピールできたところもあると思うんですけど、どんな経験、どんな2週間2大会でしたか?

【柴原】う~~、そうですね。日本人として初めての日本でWTAの大会に出たので、日本人のファンとかできたと思う(笑)そうだといいんですけど、とてもポジティブな言葉とか、声かけてくれて本当にいい経験でした。


柴原さんに、基本的に質問で申し訳ないのですが、プロになろうと思ったきっかけや理由と、日本人で頑張ろうと思った理由を教えてもらえますか?

【柴原】そうですね。プロになった理由は、大学へ2年いってて、大学へ行った理由は、もうちょっと体を作るようにして、それで2年たって結構なっていうのかな、試験して、あの、プロにいけるという感じだったので、プロにしてそして、でもそのときはアメリカの国籍だったので、ずーっと昔から日本の国籍に変えたかったので、そのタイミングとかを決めないといけなかったので、でもその東京のオリンピックということを聞いて、一番の理由は、お爺ちゃんお祖母ちゃんが東京に住んでいるので、そのお爺ちゃんお祖母ちゃんの前で、(オリンピックに)出られるようにしたかったので、なるべく早く替えるようにしました。


今後ペアをどう組んでいこうかというお考えがあるのかどうか、聞かせてください。

【青山】そうですね。アジアシリーズ、この後最後まで一緒に組んで出場する予定です。


お互いに固定ペアを見つけることは、お互いにとって来シーズンとか見据えたときに、一緒に組むペアの候補としてありうる?そこまでは考えていないですか?

【青山】そうですね、お互い相性が良いというふうに感じているので、まだ話してはいないですけど、来年のイメージというのはお互いに持ってるかなと思っています。一緒に組むイメージ。

【柴原】まあそうですね。青山さんが組んでいただければ~(笑)
一緒には組みたいので、未来に向けて張ります。


以上
ページTOPへ