• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • ライブスコア
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

大会の歴史

大会の歴史
過去の大会情報はこちらから

第35回大会 2018年9月15日(土) ~23日(日・祝)

第35回大会パンフレット
会場 アリーナ立川立飛 及び ドーム立川立飛
賞金総額 US$ 799,000
優勝者 シングルス カロリナ・プリスコバ
  ダブルス 加藤未唯/二宮真琴 組

シングルスでは、プリスコバ選手が悲願の初優勝!
ダブルスでは、加藤未唯選手/二宮真琴選手ペア 日本人初優勝!!

カロリナ・プリスコバ選手

シングルス決勝では、カロリナ・プリスコバ選手が全米オープン女王の大坂なおみを破って優勝!!プリスコバ選手は、東レPPOテニス5度目の出場にして初優勝を果たしました。

初戦からフルセットの戦いを続けてきたプリスコバ選手ですが、決勝に向けて「鍵になるのはサービス」と語っていたように、角度のあるサービスを決めるなど手堅くサービスキープを続け、大坂選手にプレッシャーをかけました。結果は4-6 4-6。

試合後のインタビューでプリスコバ選手は「本当にこの大会は大変な試合ばかりでした。大坂選手は今日、少し疲れていたかもしれませんね。でも、彼女にはとても明るい未来が待っていて、本当に良い選手だと思います」、「今日は自分のパフォーマンスにはとても満足しています」と語りました。大坂選手は、英語で「試合を観てくださってありがとうございます」、続けて日本語で「来年頑張ります」と語りました。

ダブルス決勝戦では、加藤未唯選手/二宮真琴選手 対 アンドレア・セスティニ フラバチコバ選手(チェコ)/バルボラ・ストリコバ 選手(チェコ)。加藤選手/二宮選手ペアは6-4, 6-4のストレートでフラバチコバ選手/ストリコバ選手を破りました。同種目では日本初優勝の快挙!!今後の選手たちの活躍に注目です。

シングルス

シングルス優勝
シングルス トーナメント表

ダブルス

ダブルス優勝
ダブルス トーナメント表
  • 表彰式

    表彰式

  • 2018年優勝 カロリナ・プリスコバ選手

    2018年優勝
    カロリナ・プリスコバ選手

  • 2018年準優勝 大坂 なおみ選手

    2018年準優勝
    大坂 なおみ選手

  • ダブルス表彰式

    ダブルス表彰式

  • エキシビションマッチ(車いすテニス) 船水梓緒里選手、大谷桃子選手

    エキシビションマッチ
    (車いすテニス)
    船水梓緒里選手、大谷桃子選手

  • 浴衣で羽根突き アネット・コンタベイト選手、ダリア・ガブリロワ選手

    浴衣で羽根突き
    アネット・コンタベイト選手、
    ダリア・ガブリロワ選手

ページTOPへ