• TOPICS トピックス
  • EVENT イベント
  • HIGHLIGHT TODAY'S 本日の見どころ
  • TICKET チケット
  • 試合予定と結果
  • TV Schedule TV放送スケジュール
  • PLAYERS 出場選手
  • フォトギャラリー
  • MOVIE GALLERY ビデオギャラリー
  • ACCESS アクセス
  • VENUE MAP 会場マップ
  • EVENT MAP イベント広場マップ
  • OUTLINE 大会概要
  • HISTORY 大会の歴史
  • MAIL MAGAZINE メールマガジン
  • SPONSOR スポンサー

出場選手

  • TOP
  • 出場選手
Karolina Pliskova

カロリナ・プリスコバ

Karolina Pliskova

  • チェコ

    チェコ

  • WTARank

    1

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    1

■プロフィール

生年月日:1992年3月21日(25歳)
身長/体重:186cm/72kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

2016年は全米オープンでセリーナ・ウィリアムズを破って決勝進出。その決勝ではケルバーに敗れたものの、自身初のグランドスラム決勝の舞台を経験し、世界ランキングも着実に上げている。186㎝の長身から打ちおろすサービス、またストロークも高い打点からハードヒットする攻撃的なプレーヤー。これまでは安定感に課題があったが、攻撃的なテニスに徐々に安定感も加わってきた。
今年は全豪オープンでベスト8、全仏オープンでベスト4。全仏では準決勝に勝てば、世界ランク1位への浮上の可能性があったが、その準決勝で敗れ、「世界1位は近いようで遠い」とプリスコバ。しかし、グランドスラムでも安定した成績を残しているだけに、ビッグタイトル、世界1位の高みもそう遠くはないかもしれない。
全米オープン後で注目を集めた昨年の東レPPOテニスでは、第3シードで登場したものの2回戦で敗退。2年連続の出場となる今回は、優勝をねらえる位置にいるといってもいいだろう。

■主な戦績

  • 全米オープン準優勝(2016年)
  • 全仏オープンベスト4(2017年)
  • 全豪オープンベスト8(2017年)
  • 全豪オープン3回戦(2016年、2015年)
  • 全米オープン3回戦(2014年)
Angelique Kerber

アンゲリク・ケルバー

Angelique Kerber

  • ドイツ

    ドイツ

  • WTARank

    3

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    1

■プロフィール

生年月日:1988年1月18日(29歳)
身長/体重:173cm/68kg
プレースタイル:左利き(バックハンドは両手打ち)

2016年はケルバーにとって大きな飛躍の年だった。年頭の全豪オープンでセリーナ・ウィリアムズを破って、グランドスラム初優勝。ウィンブルドンでは決勝進出、そして全米オープンで2度目のグランドスラム制覇を果たし、WTA史上22人目の世界ランキング1位にも輝いた。
28歳で初めて世界ナンバーワンになるのは史上最年長という“遅咲き”だが、その安定したプレーぶりには定評があった。鍛え上げられたフィジカルとフットワークでボールに食らいつき、相手を逆に追い込んでいく。決して諦めないタフなメンタルも大きな武器だ。
今年は、連覇のかかった全豪オープンで4回戦敗退、全仏オープンでは昨年に続き1回戦敗退と第1シードのプレッシャーに苦しんでいるが、シーズン後半には巻き返してくるはずだ。
東レPPOテニスでは2013年の準優勝が最高成績。前回出場の2015年には準々決勝で敗退しているだけに、新女王の誇りにかけて初優勝をねらう。

■主な戦績

  • 東レPPOテニス 準優勝(2013年)
  • 東レPPOテニスベスト4(2014年、2012年)
  • 全豪オープン優勝(2016年)
  • 全米オープン優勝(2016年)
  • ウィンブルドン準優勝(2017年)
  • 全米オープンベスト4(2011年)
  • 全仏オープンベスト8(2012年)
  • ウィンブルドンベスト8(2014年)
Caroline Wozniacki

キャロライン・ウォズニアッキ

Caroline Wozniacki

  • デンマーク

    デンマーク

  • WTARank

    5

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    1

■プロフィール

生年月日:1990年7月11日(27歳)
身長/体重:177cm/58kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

2016年シーズンはケガや不振で苦しんだシーズンだった。全豪オープンで1回戦敗退、全仏オープンをケガで欠場すると、ウィンブルドンでも再び1回戦敗退。全米オープン前には世界ランキングも80位台まで落とした。一時は引退までうわさされたが、全米オープンでベスト4入りするなど見事に復活を果たし、そのうわさを一蹴した。
全米オープン後の東レPPOでも、その勢いでかつての輝きを放った。ベンチッチ、ラドワンスカなどを破り決勝に進出すると、その決勝でも大坂なおみをフルセットの末に破り、6年ぶり2度目となる東レPPO優勝を果たした。
2017年も好調をキープ、全仏オープンではベスト8、ウィンブルドンではベスト16と安定した成績を残し、ランキングも再び一桁に。広いコートカバーリングを見せるフットワーク、粘り強いストロークは健在。今年はディフェンディングチャンピオンとして有明に戻ってくる。
Garbine Muguruza

ガルビネ・ムグルザ

Garbine Muguruza

  • スペイン

    スペイン

  • WTARank

    6

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    2

■プロフィール

生年月日:1993年10月8日(23歳)
身長/体重:182cm/73kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

ウィンブルドンでは決勝でビーナス・ウィリアムズを破り、初優勝。昨年の全仏オープンに続き、自身2つ目のグランドスラム・タイトルを手にした。
昨年の全仏オープン直後には世界ランキング自己最高の2位をマークし、次のナンバーワン候補に名乗りを上げたが、ツアー大会ではムラのあるところも見せ、昨シーズン後半は勝ち切れないところもあった。182cmの長身から放つサービス、恵まれた体を生かしたパワフルなストロークはサーフェスを問わずに威力を発揮。潜在能力の高さは誰もが認めるところだ。
東レPPOテニスでは、一昨年、昨年と2年連続でベスト8に終わっており、今年は初優勝をねらいにいく。また、ダブルスでは同国のスアレスナバロと組んで2年前に優勝している。
Johanna Konta

ジョアンナ・コンタ

Johanna Konta

  • イギリス

    イギリス

  • WTARank

    7

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    4

■プロフィール

生年月日:1991年5月17日(26歳)
身長/体重:180cm/70kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

2016年の全豪オープンでビーナス・ウィリアムズを破るなどしてベスト4入りして頭角を現したコンタだが、現在26歳と遅咲きのプレーヤーだ。同年7月には、ふたたびビーナスを破ってキャリア初となるシングルス・タイトルを獲得。シーズン終盤には世界ランキングのトップ10入りを果たしている。
オーストラリアのシドニー生まれだが、10代でイギリスに渡り、2012年にイギリス国籍を取得。現在は国別対抗戦フェドカップのイギリス代表としてもプレーしている。イギリスの女子選手としてトップ10入りしたのは、1984年のジョー・デューリー以来32年ぶりとイギリス女子期待のエースでもある。
今年4月にはプレミア・マンダトリーのマイアミ・オープンで優勝。準々決勝からシモナ・ハレプ、ビーナス、キャロライン・ウォズニアッキと上位シードを、攻撃的なテニスで退けた。さらに、ウィンブルドンではハレプを破り、イギリス女子選手としてバージニア・ウェード以来39年ぶりのベスト4入りを果たした。
東レPPOテニスには初出場。日本のファンの前で、存在感を発揮したい。

■主な戦績

  • ウィンブルドン ベスト4(2017年)
  • マイアミ・オープン優勝(2017年)
  • 全豪オープンベスト4(2016年)
  • 全豪オープンベスト8(2017年)
Agnieszka Radwanska

アグニエシュカ・ラドワンスカ

Agnieszka Radwanska

  • ポーランド

    ポーランド

  • WTARank

    10

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    2

■プロフィール

生年月日:1989年3月6日(28歳)
身長/体重:173cm/56kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

女子テニス界屈指の技巧派であり、頭脳派だ。優れたラケットワークで多彩なショットを操り、打ち合いの中での絶妙なドロップショットやトップスピンロブで相手の裏をかくプレーは、ほかの女子プレーヤーにはない魅力にあふれている。WTAにより「ファンが選ぶ最も好きなシングルスプレーヤー」に5年連続で選ばれるなど世界中で愛されているラドワンスカだが、もちろん日本にも多くのファンを持っている。
東レPPOテニスでは、2011年、15年と2度優勝。12年には決勝に進出しており、「3度も決勝に進んだのは、ここだけ」と東レPPOテニスはラドワンスカのお気に入りの大会でもある。
今年はシドニーのプレミア大会で決勝に進出したものの、全豪オープンで2回戦敗退、全仏オープンで3回戦敗退とトップフォームではなかったが、ウィンブルドンではベスト16。シーズン後半戦には、さらに調子を上げてくるはずだ。

■主な戦績

  • 東レPPOテニス優勝(2015/2011)
  • WTAファイナルズ優勝(2015)
  • ウィンブルドン準優勝(2012)
  • ウィンブルドンベスト4(2015/2013)
  • 全豪オープンベスト4(2014)

※本大会は欠場となりました。

Dominika Cibulkova

ドミニカ・チブルコバ

Dominika Cibulkova

  • スロバキア

    スロバキア

  • WTARank

    11

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    4

■プロフィール

生年月日:1989年5月6日(28歳)
身長/体重:161cm/55kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

2016年は、ランキング上位8選手だけが出場を許されるツアー最終戦WTAツアーファイナルズに初出場。決勝で世界ランク1位ケルバーを破って自身初のビッグタイトルを獲得した。年間最終ランキングでも自己最高となる5位を記録。3つのツアータイトルを獲得した昨年は、キャリアハイのシーズンとなった。
161cmとテニス選手としては小柄ながら、強気にハードヒットする攻撃的なプレースタイルだ。15年にはアキレス腱の手術を受け、4カ月間ブランクがあったが、16年の活躍によりWTAベスト・カムバック・プレーヤーにも選ばれた。
東レPPOでは15年にイバノビッチを破ってベスト4入りしたのが最高成績。持ち味のアグレッシブなプレーを見せ続けることができれば、初優勝もねらえるだろう。

■主な戦績

  • WTAツアーファイナルズ優勝(2016)
  • 全豪オープン準優勝(2014)
  • ウィンブルドンベスト8(2016/2011)
  • 全豪オープンベスト8(2015)
  • 全仏オープンベスト8(2012)
  • 全米オープンベスト8(2010)
Kristina Mladenovic

クリスティナ・ムラデノビッチ

Kristina Mladenovic

  • フランス

    フランス

  • WTARank

    13

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    8

■プロフィール

生年月日:1993年5月14日(24歳)
身長/体重:184cm/60kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

184cmの長身を生かした強力なサービス、高い打点から打ち込むストロークを武器としたパワープレーが持ち味だ。トップ10をねらえる実力を持ちながら、ブレークまで時間がかかったが、今シーズンは2月のサンクトペテルブルクで自身ツアー初優勝。その後もプレミアマンダトリーのマドリッド・オープンを含む3大会で決勝進出と結果を残し、全仏オープンでは自身グランドスラム最高成績となるベスト8入りも果たした。
ランキングも自己最高を更新。8月時点で12位とトップ10をうかがう位置へとつけている。
ダブルスにも定評があり、2016年の全仏オープン優勝を含めキャリア通算17タイトルを獲得。東レPPOでは単複制覇を目指すことになりそうだ。
Petra Kvitova

ぺトラ・クビトバ

Petra Kvitova

  • チェコ

    チェコ

  • WTARank

    14

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    2

■プロフィール

生年月日:生年月日:1990年3月8日(27歳)
身長/体重:183cm/70kg
プレースタイル:左利き(バックハンドは両手打ち)

2011年と14年の2度、ウィンブルドンで優勝を果たしている27歳。昨年は一時ランキングをトップ10外に落とすなどしていたものの、シーズン終盤にはツアー2勝を挙げ、復調の手応えを得ていたが、昨年12月に自宅で不法侵入者にナイフで襲われるというショッキングな事件に巻き込まれた。
この事件で利き手である左手の腱や指、2本の神経を損傷する重傷を負ったが、全仏オープンで復帰。復帰戦で勝利を飾り、目に涙をためて「ここにいること自体が喜び」と語った姿が印象的だ。復帰2大会目となったバーミンガムでのグラス大会では、優勝を果たすなど変わらぬ強さを見せ、ファンを安心させている。左利きの強力なサービスと、フラットの展開の早い強打が最大の武器。ツアー屈指の強打者が不屈の闘志で、コートに戻ってきた。

※本大会は欠場となりました。

Anastasija Sevastova

アナスタシヤ・セバストワ

Anastasija Sevastova

  • ラトビア

    ラトビア

  • WTARank

    16

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    10

■プロフィール

生年月日:生年月日:1990年4月13日(27歳)
身長/体重:169cm/65kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

2011年に全豪オープンで4回戦に進出するなど活躍したが、相次ぐケガや病気により2013年5月に23歳にして現役を引退。その後、2015年に復帰すると、昨年は4つのグランドスラムすべての本戦でプレーし、全米オープンでは2回戦でムグルザを破るなどしてグランドスラム自己最高となるベスト8入りも果たした。
さらに2017年は、6月のマヨルカでのグラス大会で優勝、自身2つ目のツアータイトルを獲得。世界ランキングも自己最高の16位まで上昇させている。全仏オープンを制したオスタペンコと同じラトビア出身。遅咲きのニューヒロインの誕生となるか、注目だ。

※本大会は欠場となりました。

Naomi Osaka

大坂なおみ

Naomi Osaka

  • 日本

    日本

  • WTARank

    44

    ※8月14日付

  • WTA過去最高
    Rank

    40

■プロフィール

生年月日:1997年10月16日(19歳)
身長/体重:180cm/69kg
プレースタイル:右利き(バックハンドは両手打ち)

「来年は優勝したいと思っている」
決勝で敗れたあとに、大坂なおみはそう力強くリベンジを誓った。昨年、東レPPOではワイルドカードからの出場で、自身初となるWTAツアー決勝へ駆け上がった。決勝はウォズニアッキとの接戦に敗れ、初タイトルはならなかったが、そのパワフルなサービスとフォアハンドは対戦相手だけではなく有明コロシアムのファンをも圧倒した。一戦一戦成長しながら勝ち上がるそのさまに、日本のファンは新たなヒロインが生まれる瞬間を目撃したと言っていいだろう。
新たな経験をすべて糧として成長を続ける19歳。今夏は、初出場のウィンブルドンで3回戦進出を果たしている。慣れない芝でのプレーだったが、見事な適応能力を発揮し、2回戦ではストリコバをフルセットの末に撃破。そして続く3回戦では、大坂にとって特別な存在でもあるビーナス・ウィリアムズと初対戦した。大舞台になればなるほど、私たちにサプライズを見せてくれる大坂が、また有明に帰ってくる。次なるビッグサプライズは果たして――。

■主な戦績

  • 全仏オープン3回戦(2016年)
  • ウィンブルドン3回戦(2017年)
  • 全米オープン3回戦(2016年)
  • 東レPPOテニス準優勝(2016年)
Madison Keys

マディソン・キーズ

Madison Keys

国籍:アメリカ [USA]
ランキング:17位

※本大会は欠場となりました。

WTAサイト
Caroline Garcia

キャロリン・ガルシア

Caroline Garcia

国籍:フランス[FRA]
ランキング:19位

WTAサイト
Anastasia Pavlyuchenkova

アナスタシア・パブリュチェンコワ

Anastasia Pavlyuchenkova

国籍:ロシア[RUS]
ランキング:20位

WTAサイト
Ana Konjuh

アナ・コニュ

Ana Konjuh

国籍:クロアチア[CRO]
ランキング:22位

※本大会は欠場となりました。

WTAサイト
Barbora Strycova

バルボラ・ストリコバ

Barbora Strycova

国籍:チェコ[CZE]
ランキング:23位

WTAサイト
Daria Gavrilova

ダリア・ガブリロワ

Daria Gavrilova

国籍:オーストラリア[AUS]
ランキング:26位

WTAサイト
Mirjana Lucic-Baroni

ミリヤナ・ルチッチバロニ

Mirjana Lucic-Baroni

国籍:クロアチア[CRO]
ランキング:31位

※本大会は欠場となりました。

WTAサイト
Carla Suárez Navarro

カルラ・スアレス・ナバロ

Carla Suárez Navarro

国籍:スペイン[ESP]
ランキング:32位

WTAサイト
Magdalena Rybarikova

マグダレナ・リバリコバ

Magdalena Rybarikova

国籍:スロバキア[SVK]
ランキング:33位

WTAサイト
Lauren Davis

ローレン・デービス

Lauren Davis

国籍:アメリカ[USA]
ランキング:34位

※本大会は欠場となりました。

WTAサイト

エキシビションマッチ

期日:
2017年9月24日(日)シングルス決勝戦および表彰式終了後(14:00~15:00頃開始予定)
内容:
第1試合 車いす女子テニスシングルス
     大谷桃子(車いす女子日本ランキング3位) vs. 田中愛美(同4位)
第2試合 ニューミックスダブルス(車いすテニス選手と健常者のペアによるダブルス)
     大谷桃子/小畑沙織 vs. 田中愛美/森上亜希子
解説:
沢松奈生子(東レPPOテニス トーナメントアンバサダー)
Momoko Ohtani

大谷桃子

Momoko Ohtani

車いすテニスシングルスランキング

  • 日本

    日本

  • 日本ランキング

    3

    ※8月14日付

  • 世界ランキング

    23

    ※8月14日付

■プロフィール

1995年8月24日(21歳)
プレースタイル:右利き

小学3年生からテニスを始め、高校3年時にインターハイ出場を果たす。高校卒業後に病気を発症し車いす生活となったが、父の勧めで車いすテニスを体験。すぐに夢中になり車いすテニス競技活動を開始すると、わずか8ヵ月後に全日本選抜車いすテニスマスターズで準優勝するなど、瞬く間に頭角を現した。積極的に攻めていくパワフルなテニスが持ち味。

■主な戦績

  • Vancouver International シングルス 優勝・ダブルス ベスト4(2017年)
  • 第26回 三井不動産 全日本選抜車いすテニスマスターズ 準優勝(2016年)
  • Peace Cup シングルス 準優勝、ダブルス ベスト8(2016年)
  • 大阪オープン シングルス 準優勝(2016年)
Manami Tanaka

田中愛美

Manami Tanaka

車いすテニスシングルスランキング

  • 日本

    日本

  • 日本ランキング

    4

    ※8月14日付

  • 世界ランキング

    16

    ※8月14日付

■プロフィール

1996年6月10日(21歳)
プレースタイル:右利き

中学入学後、硬式テニス部に所属しテニスをはじめたが、高校1年の冬に事故のため車いす生活となり、退院後、車いすテニスに取り組み、2016年、2017年と2年連続で「車いすテニス世界選手権」に出場するなど、日本を代表する選手へと成長を遂げる。
2020年東京パラリンピックを目指す車いすテニス界のホープ。

■主な戦績

  • Perry New Zealand Open シングルス優勝(2017年)
  • Kitakyushu Open シングルス・ダブルス優勝(2017年)
  • KOBE OPEN シングルス準優勝・ダブルス優勝(2017年)
  • 仙台オープン シングルス・ダブルス優勝(2016年)
  • 大阪オープン シングルス・ダブルス優勝(2016年)
  • 台北オープン シングルス優勝(2016年)
Saori Obata

小畑沙織

Saori Obata

  • 日本

    日本

  • WTA過去最高
    Rank

    39

■プロフィール

生年月日:1978年4月23日
東レPPOテニス2001~2006年本戦出場

テニスの名門、富士見丘高校を卒業後、プロへ転向。正確なストロークで、全豪オ-プン・全米オープンで3回戦進出など世界を舞台に活躍。2003年にはウズベキスタンの大会でWTAツアーシングルス初の決勝進出、ダブルスではメンフィスで行われた大会で森上亜希子と組み、WTAツアー初優勝を遂げた。2004年アテネオリンピック出場。
Akiko Morigami

森上亜希子

Akiko Morigami

  • 日本

    日本

  • WTA過去最高
    Rank

    41

■プロフィール

生年月日:1980年1月12日
東レPPOテニス 2004・2005本戦出場

13才でIBM全日本選手権出場、1998年プロへ転向すると、2004年からはコンスタントにグランドスラム本戦に出場し、アテネオリンピックでも日本代表に選出される。2007年のプラハでWTAツアー初タイトルを獲得。引退後はテニスの普及に関する仕事や、全豪オープン、ウィンブルドンなどの解説、またスポーツ、バラエティー、コメンテーターとして幅広いジャンルで活躍中。
ページTOPへ